日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


しかもこの傾向は若い世代ほど顕著である。そして具体的な相関関係があります。一つの世代の中でもテレビ視聴時間が長い人ほど、政治、市民生活、普段のつきあい、宗教活動への参加が少ないということです。

若い世代の多くの人たちは意味のある誠実な人間関係を求めているのですが、若い人たちにはそういったものを理解し、維持する力がないように考えられます。若者が意味のある関係をつくろうと努力してはいるものの、空しい努力に終わっているということがパットナムの報告に出ています。

例えば主観的な意味での健康、頭痛、不眠、消化不良などは若い人ほど悪化しています。また、幸福感も若い人ほど感じられなくなってきています。普通、私たちは若いほど健康で幸せだと考えるのですが、実際はそうではないという報告が出ています。パットナムは、アメリカ社会は根本的に変化しなければならないと説いています。社会が経済的に豊かになっても、その社会が若い人から生きる意味と信頼できる人間関係をつくる力を奪っているならば、何かが間違っているということになります。このような社会を、すなわち急進的な個人主義が幅をきかせるようなアメリカ社会を、いったい日本は真似をしたいのでしょうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
481位
(31,629成果物中)

成果物アクセス数
21,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年1月18日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から