日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


注記:1) シーブの数合計は、最終固定シーブから直接ウインチドラムに巻き取るとして数えた数量

2) シーブの数合計がワイヤロープ掛け本数と等しい

(b) 揚収(引抜)力による場合

先端支持力が望めない軟質土においてはスパッドを一定長土中に貫入し、この貫入部の周面摩擦抵抗により、掘削力等の外力に対抗して船体が保持される。

スパッド引抜力は以下の算式により求まる。

Pu=(4×B×H×C)+Wg

Pu:スパッド引抜力   (kN)

B:矩形スパッドー辺の長さ   (m)

H:土中貫入長さ   (m)

C:周面摩擦抵抗   (kN/m2)

Wg:スパッド自重力   (kN)

(2) スパッドウインチ駆動方式

(a) 電動機駆動

スパッド着底後の押込時(又は揚収前の引抜時)に最大力量は必要であるが速度は遅くてもよい、着底前までの引降ろし及び地切後の引きげ過程では早い速度が要求されるという使用条件に適応する方式として以下のようなものがある。

・DCモータ サイリスタ方式

・ACモータ インバータ方式

・ACモータ ポールチェンジ式

(b) 油圧モータ駆動

速度特性は使用条件に合致するが、電動機のように短時間150%トルク発生の特性が得られないので、結果として電動機に比べて大きな出力の油圧モータが必要となる。

(3) スパッドウインチの配置

大型船では図3-3バックホウ浚渫船の一般配置図の例のように船体内部にスパッドウインチを配置して、上甲板には操船用等の他の目的のウインチを配置している。

一般のバックホウ浚渫船では、スパッドが係留装置を兼ねる場合、操船ウインチは装備しないので、また船体深さ寸法Dが小さくて船体内部にウインチを配置できないケースもあるので、スパッドウインチは上甲板上に配置されるものが多い。

スパッドウインチを船内に設置した場合、ワイヤの出入口からの浸水による沈設事故のないように留意する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,629成果物中)

成果物アクセス数
192,569

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年1月18日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から