日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


(3) スパッドのピンニングアップ量

船体の浮心より前方にある作業スパッドを地盤に押込むと、近似的には押込力に相当する排水量分船首が持ち上がる。これをスパッドのピンニングアップ量と称し、計算手法等については、参考・引用文献(4.1)作業船設計基準第7編ディッパ船3.4.2を参照のこと。

 

3.2.3 形状

バックホウ浚渫船のスパッド断面形状は、特別な場合を除き、矩形(中空ボックス形状)とし、先端部は地盤との底面摩擦力が十分確保できる形状とする。

 

〔解説〕

スパッド断面形状は、参考に示した図3-3でも分かるとおり、船体構造及び保持金物との取り合い、更には揚降装置との関係の諸点から矩形が都合がよい。また、断面係数の面でも円筒型より矩形の方が有利である。

自由落下による貫入型スパッドの先端形状は円錐型とするものが多いが、押込型・先端支持杭であるバックホウ浚渫船のスパッド先端形状は水平摩擦力の確保が重要である。

 

3.2.4 揚降装置

スパッドの揚降(押込及び揚収)は、特別な場合(油圧シリンダ昇降方式、ラックピニオン昇降方式等)を除き、スパッドウインチによるものとし、押込及び揚収用にそれぞれに索具・滑車を装備して、スパッドウインチの正転・逆転によりスパッドの揚降を行う。

スパッドウインチは各スパッドに1台宛装備し、必要な押込力(又は揚収力)を発揮できる能力と十分な強度を有するものとする。

 

〔解説〕

(1) スパッドウインチ力量

(a) 押込力による場合

 

137-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
200,051

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から