日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


3.2.2 強度

作業スパッドの強度は、バックホウの掘削水平反力により発生する曲げモーメントによる引張・圧縮応力と、スパッド押込力による圧縮(座屈)応力を合成したもので計算し、その応力が設計許容応力以下であること。(港湾の施設の技術上の規準・同解説平成11年2.3.2構造用鋼材参照)

なお、水平反力は作業スパッド2本で等分(50%)に受け持つものとするが、スパッド押込力は、水平掘削力に対して作業スパッド1本で船体を保持できる押込力が作用するものとする。

 

〔解説〕

(1) 曲げモーメントによる応力の計算条件

1] スパッドは船体に剛着した片持梁と見なし、その断面二次モーメント(断面係数)は全方向に対して一定であるとする。

2] 荷重はバケットの最大掘削力の1/2とする。

3] レバーはおおむね図2-1の公称浚渫深度とする。

(2) スパツド押込力

スパッド先端で地盤の支持を受け、バケットの水平掘削力を地盤との摩擦力で耐えるものとすれば、スパッド押込力は次式により求まる。

 

136-1.gif

 

表1-2のバックホウ浚渫船について上式にて計算した結果を表3-1に示す。なお、バケットの最大掘削力(F)の値は機械能力であり、施工条件等によってはこの数値を設計条件とするのは過大である。

 

表3-1 バックホウ浚渫船のスパッド押込力

136-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
52位
(30,415成果物中)

成果物アクセス数
182,118

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年1月12日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から