日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


3.2 スパッド装置

3.2.1 構成・配置

バックホウ浚渫船のスパッド装置は、作業スパッド2本、補助スパッド1本の計3本で構成され、その配置は図3-3一般配置図のようにするのが一般的である。

なお、補助スパッドは装備せず作業スパッド2本のみを装備してもよい。

 

〔解説〕

バックホウ浚渫船は、硬土盤の浚渫作業を経済的に施工できるディッパ船に代わる機種として開発されたものであり、スパッド装置の構成・配置は図3-3のとおりディッパ船を踏襲したものとなっている。

作業スパッドの配置は図3-2フロント各種姿勢を参考にして、浚渫作業中(一般的には90°旋回)及び格納状態から作業状態への移行時に、バックホウ上部旋回体とスパッド装置との干渉が発生しない範囲で、できるだけ前方・側方に配備するのが望ましい。

ディッパ船の補助スパッドは別名キックスパッド(前後方向に揺動する)と称し、船体の前進移動(ディッパ船はショベル掘削)の役目をなすものであった。

バックホウ浚渫船の場合、浚渫作業中の船体移動はバックホウ自身で行うため、浚渫作業時船尾1本を含め3本のスパッドで船体の位置・姿勢を保持するという考えで設計される。

 

135-1.gif

図3-3 バックホウ浚渫船の一般配置図

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
188,771

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から