日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3. 今後の推進の考え方

本調査研究で提案した「明日のあさくらを考える会」は、朝倉エコミュージアム実現のための住民意識の啓発や人材育成を行い、町民ビジネスや住民活動を孵化するまちづくりへの住民参加の第一歩の組織として位置付けている。

これまで水車周辺整備構想が数次にわたり住民合意が得られず実現しなかった経緯、また調査の過程で明らかになった住民の地域資源に対する関心の低さや、行政依存の傾向、一方で高まりつつあるまちづくりへの参加意向等、朝倉町の課題と可能性を町内外の多様な背景をもった人々が集まり、朝倉町のもつ豊かな地域資源を見つめ直し、住民自らの智恵と情熱で、朝倉エコミュージアムを実現していく求心力となる役割が「考える会」には期待される。

時間の経過と共に「考える会」が行政と住民の協働関係確立の架け橋となり、住民の主体的、実体的なまちづくりへの関わりの度合いが増していく。住民主導による朝倉エコミュージアムに実現のための出発点として、「考える会」設立の実現が望まれる。

 

図表6-7 住民と行政の協働による朝倉エコミュージアムの展開イメージ

146-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
901位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
10,030

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から