日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


5. モデルゾーンの検討

−堀川用水沿いゾーン計画−

 

(1) 全体構想におけるモデルゾーンの位置付け

前項のエコミュージアムの実践に向けた各アクションプログラムの展開においては、今後の検討の中で、具体的な整備年次(事業着手年次)等を検討し、ハードウエアの整備とソフトウエアの実施をバランスよく連携させ、課題解決に向けた取り組みを推進していく必要がある。

これに先立ち、朝倉エコミュージアムを推進するための4つのゾーンのうち、「堀川用水沿いの交流ゾーン」に関しては、賑わいのある「交流・物販エリア」と昔ながらの風情を保った「保全エリア」という異なる二つのエリアを内包しなければならない。この二つの異なるエリアを「堀川用水沿いの交流ゾーン」の空間構成の中でどのように機能配置するか等について、エリアの分離、或いは連携等を視野に入れた計画を必要とするなど、実施に向けた難しさを伴っている。

それ以外にも「堀川用水沿いの交流ゾーン」は、全体構想において以下の位置付けを担っている。

 

「堀川用水沿いの交流ゾーン」のモデルゾーンとしての位置付け

○中世以降の産業・文化といった歴史の中枢であり、水車が実働する産業遺産としての魅力を持っているだけでなく、町外、県外の人々にも広く知られている対外的な象徴要素でありながら、「町には何も無い」「誇れるべきものはない」と考える町民との間のギャップを埋める場としての役割。

○来訪者との対外的な交流を起爆剤に、町民自身が様々な活動機会を見出し、朝倉町を見つめ直すきっかけとする場。

○町民の多様な活動、成功体験を他ゾーンヘ拡大する役割。

○筑後川流域市町村の広域連携による観光開発において、シンボルとなり得る水車周辺においての整備を望む声が大きく、流域全体の中での拠点としての位置付け。

 

このように、「堀川用水沿いの交流ゾーン」をモデルゾーンとして位置付け、具体的な空間構成を提言する必要性は高く、次年度以降の具体的な計画作業において「計画条件」となり得るサイトプラン(施設や空間の大まかな配置や構成、各施設や空間内に盛り込む諸機能の設定等)を先行的に提案し、早い時期の事業実施に向けた足掛かりとしたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
897位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
9,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から