日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第二章 朝倉町の農村景観特性

 

1. 朝倉町の農村景観と水車群の関わり

 

(1) 水車の魅力と計画課題

1] 朝倉を象徴する水車群の魅力

本町の農村景観の魅力を象徴するものとして、町外へのアピール度が最も高いのは、堀川沿いの三連水車であると考えられる。このことは、第1章3項「朝倉町及び広域的な観光特性」の中でも、本町への観光入込客数の大半が三連水車周辺を訪れているという推定にも表れている。本項ではなぜ三連水車が都市住民に対して魅力的に映るのかという事項を考察した上で、本町の農村景観の魅力を再評価する足掛かりとしたい。

三連水車の魅力には、歴史的・文化的遺産としての魅力、産業遺産としての魅力が挙げられる。一方で観光客の来訪動機として考えられるのが、水車の持つ視覚的イメージであると考えられる。

○歴史的・文化的遺産としての魅力

・筑後川より水を引き込む山田堰、堀川用水との一連の関わりを含めた全体を対象とし、先人の知恵や苦労が見て取れる歴史的遺産として評価が高い。

・文化遺産として見たときのその構造や形態などの面白さ。

○産業遺産としての魅力

・数百年もの間、本町の基幹産業である「農業」を支えてきた産業遺産であり、それが現在も実働している。

○視覚的イメージの魅力

・ダイナミックに水を汲み上げる姿が、都市住民にとって涼を感じさせる。

・それぞれの来訪者が持つ農村のイメージ、あるいは落ち着きを感じさせる風景イメージと合致している。

・「三連水車」から何ら恩恵を受けていない都市住民にとっても「心のふるさと」として認め得るだけの魅力があると考えられる。

 

写真2-1 稼動時の水車

027-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
901位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
10,030

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から