日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


5. 地域分析からの示唆

 

(1) 若年層を中心に人口が減少傾向

○周辺には福岡都市圏の外延化が進みつつあるが、農振指定等土地利用制度による宅地化の制約が居住環境の整備や産業立地を困難にしている。

○雇用吸収力の高い商工業が弱い産業構造となっており、町外への労働力及び購買流出が起こっている。

○雇用の場、住居の不足等から、働き盛りで出産育児の中心世代(20〜30代)の流出により少子高齢化が進展している。

→地域住民の衣食住を充足する生活空間の充実が必要

 

(2) 基幹産業の農業生産基盤が脆弱化

○担い手の高齢化及び後継者不足が顕在化している。

○主産品のねぎ、柿なども厳しい競合環境にさらされている。

→観光農業や営農集団化など朝倉農業の強みを活かした構造転換が必要

 

(3) 豊かな自然環境や史跡等の地域資源の活用が不充分

○三連水車を中心とする観光に年間34万人の来訪客があるものの、周辺の甘木市、杷木町の来訪客100万人をはじめ、交通利便性が高い福岡都市圏へ訴求力のある観光資源が不足している。

○周辺市町村に比べて観光振興のソフト事業が少ない。

○福岡の旅行代理店からは都市住民のウォーキングニーズ等に豊かな自然や史跡をもつ朝倉の観光ポテンシャルは示唆されるものの、現状では周辺観光地への移動の際のつなぎ程度にしか位置づけられておらず、広域的には大分自動車道の伸長により長崎、熊本への交通利便性も高まり、甘木朝倉地域そのものが通過点になりつつあると指摘。

→朝倉の地域資源を活用し、都市住民の観光レクリエーションニーズ等観光市場動向をにらんだ取り組みが必要

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
897位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
10,000

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から