日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

オペラ支倉常長「遠い帆」2000年公演上演プログラム

 事業名 オペラ支倉常長「遠い帆」の上演
 団体名 仙台市市民文化事業団 注目度注目度1


マドリッドでの洗礼、ローマ法王との接見など、ヨーロッパで翻弄される使節の運命を描く

11 選ばれた人―イスパニア、セビリアに到着した、常長の不安な心境を歌う

12 神の意思―マドリ王国(フェリーぺ三世)との会見について、常長とソテロの問答

13 会見―合唱によるフェリーぺ三世への賛歌

14 洗礼―常長がフェリーぺ三世臨席のもと洗礼を受ける 「その名はドン・フェリーぺ・フランシスコ・ファシクラ」

16 法王接見―ローマ法王は二人に接見し、祝福するが、イエズス会からの手紙を読み、考え込む

 

長い旅のおわり そして六右衛門のその後まで

17 帰路―船上でのソテロと常長の問答 自らの使命に疑問を感じるソテロと

積極的に運命に従うことに確信を得て強くなった常長

18 旅の終わり―ソテロの独白 その後の二人の不幸な旅程について歌う

「影」は、常長が最後まで穀然としていたが、末路については「誰にもわからぬ」と語る ソテロの最後の暗示

19 人間この奇妙なもの―合唱と「影」による、めくるめく重唱

20 月の浦ふたたび―こどもたちの歌声が重なり、老いた常長と「童」の場面で、ゆっくりと終演

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,540位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
5,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「音とのふれあいコンサート」プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から