日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


人体に対する様々な次元での視点を忘れず、「人体」という結果を学んだ後、私自身がどれ程の創造的仕事をしていくのかということを胸に、日々邁進していきたいと思います。

個々の御遺体が、まさしく「血を通わせていた」時、千差万別の想いを抱きながら人生を営み、「献体」という一つの選択をしてくださいました。その意思の深さに応えられる程の物事を身につけたとは言い難いですが、私なりに少し歩を進めることができました。心から御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 

解剖学実習を終えて

樋口華奈子

 

「ついにこの日が来た。」私は、解剖学実習初日の実習室に足を一歩踏み込んだ瞬間を、今思い出している。思い返せば骨学実習の時もそうであったが、解剖学実習はさらに強い人体への関心を私に与えてくれたのではないかと思う。私は常々、自分の身体のつくりや機能を知りたいと思っていたので、今回の解剖で、それが可能になりうれしく思う、と同時に、人体の複雑さを再認識した。名のついた神経や動静脈はもちろんのこと、名もない神経や動静脈らが我々の生命維持のためはたらき続けててるのかと思うと、人体の不思議否、生命の不思議は無限であると確信した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
146,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から