日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖実習を経て

森桂

 

初めて御遺体に接し解剖を進めていく中で、私の中ではある想いが強まっていくばかりでした。それは、「人体」というものが混沌のうちに存在すること。その混沌とした組織の組み合わせが繋がって、全体を一とした調和が保たれていること、そのような人体に、現在生理学で学んでいるような循環、呼吸、神経活動などが同時進行することで、血が通い動きが生じ、感覚が認識され、情緒が発せられるということに、御遺体を前にして感動すら覚えました。どの組織一つ欠けても「人体」は成り立たない。という驚きは間違いであって、今存在する人体というのはあくまで"結果"であり、偶然(か必然か)の変異の流れの端に、私達の「人体」があるのでしょう。そのように人体を空間的時間的に、部分から全体へ、また全体から部分へ科学的、論理的に見る姿勢というものに気づいたのは、私にとって意外な喜びでした。このような体験の機会を与えて下さった優しさある御遺体の方々、また御指導下さる先生方に尊敬、そして心からの感謝を感じずにはいられません。

解剖学も終わりに近づきましたが、「人体」の巧妙さ、複雑さ、そのような様相からにじみ出る美しさに対する想いはさらに深くなりました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
146,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から