日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖をして人間の体の構造はなんて複雑で難しいのだろうと思いました。神経一本一本の大切さ、血管の走行にしても一人一人個人差があること、またアトラスで見ているだけではわからないことも、実際自分達で解剖することで体の構造一つ一つがしっかり自分自身の知識として残った気がします。人間の体全体の基本的な構造は、今後医師として治療にあたっていくのに大切なことだと思います。この貴重な解剖からうけた一つ一つの知識をしっかりと頭に入れ、今後の専門の勉強に生かしていきたいと思います。献体して下さった方に感謝し、これから医師になる努力をしてがんばっていこうと思いました。

 

解剖学実習の感想文

山根一志

 

ぼくたちは将来患者さんの病気を体の外側から見て判断し、治療を進めていくわけですが、解剖学実習を通じ、人体の内部を見る機会を持つことは貴重な体験となりました。人の体は外側から見るとほぼ左右対称に見えますが、人体の内部では、特に内臓においてはまったく異なるものだと分かりました。左右一対ある肺でさえ、一方の肺は、もう一方よりも大きく裂が多いということや、また静脈の吻合の仕方にも個人差があるものだと知りました。想像以上に多くの筋肉があり、その一つ一つを支配する神経があることも知りました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
144,805

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から