日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


もちろん、生前は私達と同じように人格をもっておられた訳で、私達に献体されたのだから有意義に解剖学実習に取り組まなければと決心したのも事実である。

御遺体には礼を以って接することは勿論だが、解剖させて戴いているという意識を常にもって、積極的に予習したいと考える。初日の皮切・皮剥では緊張していたせいもあってか、メスやピンセットの扱い方も基本通りできたと思う。明日以降もこの緊張感を持続させて御遺体から多くを学びたい。

今日一日終えて残り二十五回実習を行う訳だが、実習の目的を確認しておきたい。将来、医師を志す者として臨床的能力、協調性、観察、表現能力などを養うことが主眼であろう。しかし、最も根本的なこととして、慈恵医大の校訓である「病気を診ずして病人を診よ」の遵守が考えられる。実習の対象はあくまで「人」なのでるあることは忘れてはならない。

最後になったが、初日の前述のような決意を通してこそ、献体された方の気持ちに応えられると思う。今の決意を守り通し、人体の尊さや構造のすばらしさを学ばせて戴くことを誓うと共に、長年御協力下さっている白菊会の方々、先生方に感謝の意を申し上げたいと思う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
37位
(30,289成果物中)

成果物アクセス数
216,046

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年11月10日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から