日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


また、本実習を通じ多くのことを習得することができたという達成感は、日を追うごとに大きな自信となってくるとの予感がしております。

私に課せられた課題は、まだまだ始まったばかりです。この課題は、今後医療に従事していく限り続いていくものと思います。しかし、いくら長い時間が経過しようとも、今のこの気持ちを忘れることなく努力し続けて行かねばならないと考えています。

 

解剖学実習初日を終えて

菰池信彦

 

国領校での一年半の間から少しずつ解剖学の知識は蓄えてきたつもりではあったが、実際に御遺体を前にすると、それらの知識など忘れてしまうほど頭の中が真っ白になってしまった。それは、私のこれまでの二十年間の人生において人の遺体を見たことがなかったこともあるが、何よりも、自分の目の前に横たわっている御遺体の生前をいろいろ考えたからであろう。私が解剖させて戴く御遺体は私の母とほとんど年齢も変わらない女性であり、自分の母が解剖されるような錯覚に陥った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(28,488成果物中)

成果物アクセス数
142,953

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年2月18日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から