日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習

松田英樹

 

いよいよ二年生も後期に入り、解剖学実習が始まった。今日ほど「医の倫理」が強調され、「良医」の育成が強く要望されている時代はない。「医療は患者と医師との信頼関係に基づいた共同作業」とも言われるように、患者の立場に立ち、「医の心」をもって患者に接することが我々に求められている。

将来、医師になろうとする我々が、本格的に医学の勉強を始めるにあたり、その起点とも言うべき「人体解剖学実習」で、「より良い医師になるために、自分の体を使って十分に勉強して下さい。」という願いをこめて献体された御遺体によって学習することにより、我々は、人体解剖学の知識の習得と同時に、献体に対する感謝の気持ちと、この期待に応えねばならないという責任と自覚をもち、それなりの覚悟をもって実習に臨まなければならない。我々は、御遺体から人体解剖学の知識だけではなく、大きな精神的教育をも受けることだろう。

初めて御遺体を拝見したとき、数ヶ月前までは我々と同じように喜び、悲しみ、様々な感情・人格を持ったひとりであったはずの人が、そこに静かに横たわっていることに、非常に不思議な感情を覚えるとともに、その方の生きてきた「時間の重み」のようなものを感じた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
146,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から