日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


(17) Hakapaa and Molenaar, op. cit., in 23 ODIL(1999), pp. 136-137.

(18) Molenaar, Coastal State Jurisdiction over Vessel-Source Pollution(1998), p. 197.

(19) Churchill and Lowe, id., p. 96.

(20) Molenaar, op. cit., pp. 243-248.

(21) Churchill and Lowe, id., p. 98.

(22) 海洋法条約は排他的経済水域における海洋環境の保護および保全のための沿岸国の管轄権を認め(56条1項(b))、これを受けて第12部では「沿岸国は、第6節の執行の目的のために、自国の排他的経済水域について、船舶からの汚染を防止し、軽減しおよび規制するための法令であって、権限のある国際機関または一般的な外交会議を通じて定められる一般的に受け入れられている国際的規則および基準に適合し、かつ、これらを実施するための法令を制定することができる」(211条5項)と規定することにより、排他的経済水域に対し沿岸国が立法管轄権を適用することを認めている。

(23) 第27条5項は27条2項を受けて規定されており、内水を出て領海を通航している船舶については、沿岸国の刑事裁判権が包括的におよぶことを前提にしているため、領海に入る前になされた船内犯罪について沿岸国が刑事裁判権を行使してはならないという禁止もおよばないとしているものと考えられる。

(24) D. W. Abecassis, The Law and Practice relating to Oil Pollution from Ships, 1978, p. 82.

(25) 山本草二『国際法』[新版]、372頁。

(26) ジュネーブ領海条約(1958)は沿岸国の外国漁船による漁獲を防止するための法令に従わない外国漁船の通航を無害でないと規定していた(14条5項)。これとの比較でいうと海洋法条約19条が「有害とみなす」のは「漁業活動」(fishing activities)であるから、沿岸国法令が漁具格納義務を定めている場合に、これに違反したまま通航する船舶の通航は、19条1項でその有害性が立証されるのであればともかく、そうでない限り単なる沿岸国法令違反に止まるということになる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
217位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
51,911

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から