日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


もっとも、本件は、偽造した証拠をファックスする行為は国外で行われたが、そのための共謀が日本船舶内で行われた事案であったため、仙台地裁は、「日本人が日本国籍を有する船舶又は航空機の外にある外国領土内で実行した偽造証拠行使行為について日本国刑法を適用する規定は存在しない。しかし、偽造証拠行使行為の一部が日本国籍を有する船舶内で実行された場合には、その行為の全体について日本国刑法が適用される」と判示して、被告人に偽造証拠使用罪の共同正犯の成立を認めている(50)

この判決に対しては、「遍在主義の対象とされる犯罪とは、…実行行為とその結果とが関連する範囲までであって、その範囲を超えてまで遍在主義が作用しうるものではない」ので、「共謀」を犯罪行為の一部と見てこれに遍在主義を適用するのは、「本来的には利用できないはずの遍在主義を、無理をしてここで利用」することになるとの批判がなされているる(51)。しかし、共謀共同正犯に一部行為の全部責任の法理を認める理論的根拠は、「共謀」が実行行為の分担に匹敵するという点に求められるべきであるので、「共謀」行為を実行行為に準ずるものとして刑法を適用しても必ずしも遍在説の不当な拡大とはいえないように思われる。

 

5. おわりに

 

以上、ドイツや我が国で判例・通説とされている遍在説をめぐる最近の議論を素材にその問題点を整理・検討してみた。特に、遍在説の妥当性について疑問が提起され結果説が有力に主張されているが、それがアメリカの効果主義と類似した側面があり属地主義の原理で正当化できるものであるかについては疑問の余地がある。したがって、現時点でも、遍在説が基本的に妥当であると思われるが、その適用をめぐっていかなる具体的な問題があるかは、既遂犯、未遂犯、予備罪、危険犯、過失犯、不作為犯、共犯などの様々な犯罪類型毎に、また、海洋汚染、密航、密輸、薬物犯罪などの犯罪形態毎に問題点を整理する必要がある。これらの点を含めてさらに検討を続けていきたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
218位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
50,966

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から