日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


6. おわりに

 

ここでは、海上警備に関する近年のフランス国内法制を検討してきた。1996年法による統合された、海域における実力行使を含む執行権行使に関する法制は、1994年法1条が明白に国際法の尊重を規定しており、国際法上認められた執行権行使の国内法上の根拠を整備する趣旨であると解することができる。これに比して、1985年の無害通航に関するデクレでは、多くの国連海洋法条約規定をそのまま写しながらも、無害通航の国際法上の権利性や沿岸国の権利への制限に関する条約上の規定を、巧妙に排除している。こうしたデクレの基本的立場からすれば、上で批判的に検討したフランスの学説が、有害性の認定において沿岸国の裁量を強める解釈を提示するのは、沿岸国の利益をより一層強く保護するものといえよう。しかし、同デクレの基本的立場は、国連海洋法条約に対して適合的ではない。こうしたデクレの基本的立場の認識にたって、船舶の有害性認定に関する具体的なフランスの国家実践に注目していく必要がある。

 

044-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
225位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
49,389

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から