日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


201-1.gif

図A-21 平坦氷中における性能

 

平水中試験結果から得られた馬力推定曲線を図A-22に示す。この図から、満載状態では常用出力(NSO=21,740PS)により17.00ノットが、最大出力(MCO=24,160PS)により17.45ノットがそれぞれ達成される。しかしながら設定常用馬力に15%のシーマージンを見込むと船速は16.4ノットまで低下する。このため、常用出力を25,000馬力、最大出力を28,000馬力と設定しなおすこととした。

波浪中試験結果よりスラスト増加を推定した(図A-23)。本船のスラスト増加を第1期の研究結果と比較すると、本船の船首形状のもととなっている船種Dと直接比較するデータは無いが、船首A、B、Cの中で最もスラスト増加の低かった船首Cと同程度のものとなっている。また、この結果は、通常のバルクキャリアーに対する試験結果と比べても遜色無いものといえる。

 

201-2.gif

図A-22 平水中における馬力推定曲線

 

201-3.gif

図A-23 波浪中におけるスラスト増加係数

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
174,286

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から