日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


141-1.gif

図5.2 航路図と実験場所:Site A〜Site D

(航路上の数字は、船内時間でのその日付けの正午の位置を示す)

 

本航海のベーリング海峡通過後の航路図を図5.2に示す。また、氷中試験遂行中のKandalakshaを図5.3に示す。

 

141-2.gif

図5.3 氷海実験中のKandalaksha:1995年8月22日

 

図5.4に、航路全体に付いての約1時間平均の船速の推移を示す。この船は、2つのエンジンを搭載しているが、燃費向上の為、通常は1エンジンで運航された。平水中での1エンジン使用時の船速は約12ノット、2エンジン使用時は14ノット強である。横浜からキルキネスまでの総航行距離は6,887海里、平均船速は11ノットであった。また、氷海域では、図5.2のSite A(ウランゲル島付近)で、氷密接度の低かった前半では8〜10ノット、後半は氷密接度が上がり2〜4ノットであった。ここは、多年氷の氷盤群が多く、航行中、最も厳しい氷況であった(アイオン大氷域:3.2.3節)。一方、Site Bでは4〜5ノット、Site Cでは6〜8ノット、Site Dでは8〜10ノットであった(タイミル大氷域およびカラ海北部大氷域:3.2.3節)。これら船速と氷密接度の関係を図5.5に示すが、密接度が高くなると船速が遅くなるという傾向が見て取れる。なお、航行中、連続した巨大氷盤に遭遇することはなく、殆ど中氷盤以下の氷盤群で構成された氷況であった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
174,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から