日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


表層海流の移送速度は概略1〜4cm/sec(年間300〜1,200km)程度である。北極海の大きさが約4,000kmであるから、表層水は平均滞留時間3〜10年で入れ代わることになる。一方、氷の移動速度から換算すると、約5年になる。

北極海の海水の鉛直構造とその海水の平均滞留時間の概略を図4.5-2に示す。表層水については、上記の通りである。表層の低塩分水(Polar mixed layer)の下には塩分躍層(Halocline)があり、そこの水の平均滞留時間は10年程度、その下のAtlantic layerの平均滞留時間はおそらく30年程度であろう。その下のArctic deep waterの平均滞留時間は、100年を超える。

 

116-1.gif

図4.5-2 北極海の鉛直構造と海水の平均滞留時間

 

4.5.2 北極海の人類・生物環境

先ずは、汚染源の拡散、影響範囲を理解するために、食物連鎖の仕組みを述べる。北極海の海洋生態系も、他の海域と同様に食物連鎖の根幹となる生産源は、浮遊性の単細胞藻類や植物プランクトンなどの小さな藻類(Algae)であり、全生産源の97%を占める。植物プランクトンの増殖は、光と栄養富裕層に支配されており、春に起きる氷縁の後退にも密接に関係している。植物プランクトンは、食物連鎖において、その一つ上の栄養階層である小さな甲殻類などの動物プランクトンにより捕食される。更に、3番目の栄養階層であるタラなどの魚が動物プランクトンを食べることになる。魚は食物連鎖の最上位に位置する噛乳類や鳥類にとって大事な餌であり、食物連鎖の最上位に位置する氷上に生息する脊椎動物に、プランクトンからのエネルギーを伝える役割を担っている。図4.5-3に食物連鎖の概念を示したが、この図から、各環境系の要素(例えば海鳥)に影響因子が、どのように広がっていくか理解できる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
173,776

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から