日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


NSRの氷況の特徴として、東NSRで氷況が厳しい場合、西NSRでは氷況が穏やかな、またはこの逆になるような場合もある(3.3.3節参照)。モンテカルロ法により、このような現象を表現することは、容易ではない。また、船型開発には氷海水槽試験を用い、試験結果から船型と馬力の関係を求め、曖昧な仮定を極力排除し、精度向上に努めた。本シミュレーションは、現在までに行われた最も精緻なシミュレーションであると言える。シミュレーションにはロシア、フィンランド、日本の研究機関が参加した。ロシアが航路、過去の歴史的な氷況分布などを提供し、フィンランドが船の試設計、船速予測理論を担当し、日本側が各国から提供された研究を統合し、コストシミュレーションプログラムを作成し最終的なコストを積算した。また本シミュレーションにはJANSROPで開発した50,000重量トン型の砕氷バルクキャリアーも対象とした。

 

航路の選定

4.1節で紹介したように、4つの航路を選定した(表4.4-3、図4.2-8)。横浜〜ハンブルク間を直接結ぶトランジソト航路として比較的、水深の深い北航路と水深の浅い沿岸部の南航路の2航路を選定した。沿岸部とヨーロッパ/横浜を結ぶ地域航路として、西側のDiksonとハンブルクを結ぶ西地域航路、Tiksiと横浜を結ぶ東地域航路の2航路を選定した。北航路は喫水12.5m、南、東、西航路は喫水9mの船が航行できるように選定した。実際の航路は厳しい氷況をさけるように選定され、4.3節で解説したように航路管制所の指示した航路を走ることになるが、シミュレーションではこの決められた航路を走るものと仮定している。20海里ごとにポイントを決め、ロシア政府発行の海図上で水深、近傍の障害物などチェックした。西、東地域航路は各々ディクソン、チクシを出ると直ぐに南航路に出会い同じ航路を走ることになる。

 

表4.4-3 シミュレーションに用いた4航路

098-1.gif

 

船の選定

4.2節でNSRの商船について解説したように、現在運航されている最も近代的な砕氷商船はSA-15クラスであるが、その積載量は約15,000重量トンに過ぎない。運賃を下げるには可能な限り大型の船型を投入した方が、採算が向上する。従って、本シミュレーションでは、各9m、12.5mの喫水に対して試設計を行い、新しい船型を提案した(表4.4-4、図4.4-2)。これらの船は、氷況が厳しくなると砕氷船の後を走り、所謂、エスコートを受けることになる。エスコートされる船の幅が砕氷船より大きくなると、砕氷船が啓開した開水路を後続する船が進むことは困難になる。現在、NSRで最大の砕氷船はArktikaクラスで、その幅は28mである。砕氷船が造る開水路は周辺の氷も割れるので、船幅より若干広くなる。従って、後続の船の幅は30m以内とすることにした。喫水と幅が制限された上で排水量を確保しようとすると、長さ/幅の比が大きな船となる特徴がある。シミュレーションに用いた3船型の特徴を簡単に述べる。詳細は資料5-2を参照されたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
174,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から