日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


以上、各種標識、衛星による船位決定システムについてその概要を記したが、以上の情報は、INSROPにおける研究レポート(WP-108)に基づくものである。本レポートの内容は、1998年現在における情報をまとめたものと考えられるが、近年の経済的混乱の中でこれらの運航支援設備等の状況に変化があることが考えられる。例えば、標識等に対してどの程度の補修・交換等が行われているかについての正確な情報は無く、従って、特にNSR東側海域においては、これらの標識等が機能しなくなっている状態も考えられる。また、DGPS用の陸上ステーションの計画についても1998年では実験段階であるとされ、その後の実用化についても新たな情報は無い。

 

(2) 港湾

NSRはスエズ運河等を経由する航路に対し、大西洋と太平洋とを結ぶ航路としての位置付けをすることができるが、その一方、ヨーロッパ、極東あるいは北米の各都市とロシア北方の都市を結ぶための航路、あるいはロシア北方の都市間を結ぶ航路でもある。この意味において、NSR上における港湾の果たす役割は大きい。また、大西洋と太平洋を結ぶ航海においても、各種の補給、緊急の補修・避難等のためにこれらの港湾を利用する場合もあろう。NSR上及びその前後における主要な港湾及び地点間の距離を表4.2-1に示す。

 

表4.2-1 NSR上及びその前後における主要な港湾及び地点間の距離

077-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
174,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から