日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.1.8 北半球の氷期と氷床

 

今からおよそ35万年前に始まった北半球の氷河時代は、氷期・間氷期の大きなサイクルを4回繰返した。現在は最終氷期の後の間氷期で、数千年前に始まり、後水期と呼ばれている。氷期には陸上の氷床が拡大し、氷の蓄積によって海に戻る水の量が減ったので、海面が下がって大陸棚が海面上に顔を出した。間氷期に氷床が融けきらないうちに次の氷期がやってきたために、氷期の繰返しと共に海水準が低下した。海面が最も下がった最終氷期には、海水準が現在よりおよそ120mも低かったと推定されている。

最終氷期のおよそ2万年前には、拡大したスカンジナビア氷床が、北はスバールバル諸島からフランツヨシフ、セベルナヤゼムリヤにいたる大陸棚を覆い、西はイギリス全土に達し、東はタイミル半島付近にまで広がっていた。北米大陸では、ローレンタイド氷床がほぼカナダ全土を覆い、北ではグリーンランド氷床と接し、南は五大湖の南にまで広がっていた。カナディアンロッキー山脈の西はコルディレラ氷床と呼ばれ、アラスカ南岸沿いにアリューシャン列島に達していた。海水準の低下によってカラ海、ラプテフ海、東シベリア海の太陸棚が陸地となった。また、チュクチ海とベーリング海東部の広い範囲が海面上に現れ、ベリンギアと呼ばれた広大な陸地を形成した。このベリンギアを通って先史モンゴロイドがシベリアから北米に渡り、南米にまで移動したと考えられている。

タイミル半島からベリンギアを経てアラスカ北部にいたる地域は、氷床に覆われることなく氷期の寒気に晒された。そのため、地中深くまで凍結して永久凍土が形成された。

後氷期に入って、スカンジナビア氷床は局所的な氷帽や氷河を残して消失した。氷荷重の除去によって、スカンジナビア半島は隆起を続け、今でも毎年1cm位の速度で上昇を続けている所がある。

現在、北極圏に残っている氷床や氷河は、グリーンランド氷床と、カナダ北極諸島、スバールバル、ノバヤゼムリヤ、セベルナヤゼムリヤ、アイスランドなどにある小さな氷床や、アラスカ、カナダ、スカンジナビア半島にある氷帽や山岳氷河などとして、その姿を見ることができる。

 

030-1.jpg

最終氷期の氷床と陸地であった現大陸棚(Peltier, 1998)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
173,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から