日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.1.7 アルベドの季節変化

 

地球表面に当たる日射量に対する反射日射量の割合(反射率)をアルベド(albedo)という。地球全体の平均アルベドはほぼ30%である。種々の地球表面のアルベドを見ると、太陽高度が高いときの海面は8〜10%、草地は15〜25%であり、砂漠は明るさによって20〜45%と変わる。雪氷域のアルベドは、新雪が75〜90%、湿った積雪が40〜60%、雪の載っていない海氷が30〜45%であり、地球の平均アルベドを30%に高めているのは雪氷域であることがわかる。雪面は、状態によってアルベドが大きく変化し、表に見られるようにその変化幅は十数%以上にも達する。

 

種々の雪面のアルベド(Radionov,1997)

029-1.gif

 

南北両半球の緯度ごとに冬と夏のアルベドの差を見ると、低緯度地方はアルベドの季節変化がなく、南極大陸の上も氷床の季節変化がないので一定である。夏と冬とでアルベドが大きく変わるのは、冬にだけ積雪に覆われる北半球の大陸上の季節積雪域と、冬に大きく広がる南極大陸周辺海域の季節海氷域である。北極海の多年海氷域は、夏になると表面が融けるので、冬と夏とのアルベドに差が現れる。

 

029-2.gif

アルベドの緯度分布と夏冬変化(小野, 1995)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
173,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から