日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.1.6 北極層雲とアークティックヘイズ

 

北極海は低い雲に覆われることが多く、北極層雲と呼ばれている。時には地表面に達して霧となっていることも多い。北極海の各海域の月平均低層雲出現頻度を調べると、11〜4月の冬の期間は20〜40%程度であるが、6〜9月の夏の期間は70〜80%と頻繁に発生していることがわかる。最も顕著な北極海中央部では、6〜8月の月平均雲量は80〜90%に達し、そのうち低層雲雲量は70%を占める。目視飛行の時代の北極海中央部への飛行不適日数は、6月が18日、7月が23日、8月と9月が22日と、約3分の2を占めていた。冬の期間の飛行不適日数は約3分の1に減少する。

北極の春には、しばしば、アークティックヘイズ(北極の霞、北極煙霧)と呼ばれるスモッグが出現する。晴れていれば200km先まで見通せる北極海氷域の水平線が、アークティックヘイズが発生すると、視程が3〜8kmにまで落ちてしまう。アークティックヘイズを捕集して成分分析を行った結果からは、多量の硫酸、煤、有機物などが含まれていて人間活動の影響を示していた。春の大気浮遊微粒子の濃度は都市域の大気と同程度である。北極海では冬から春にかけての降水量は少ないので、降水による空気清浄作用はあまり期待できないが、夏の7〜8月には霧や降水量が増えるので、アークティックヘイズは除去されて、夏から秋にかけて北極圏大気は清浄化される。NSR海域においても、夏には視程が悪く目視の効かない日が出現するので、諸島の間の狭い海峡や浅瀬の通過はレーダや衛星航法などに頼ることになる。

 

028-1.gif

海域別月平均低層雲雲量の推移(Herman, 1986)

 

028-2.jpg

スピッツベルゲン島にかかる北極層雲(写真:国立極地研究所)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
173,776

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から