日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究

 事業名 衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究
 団体名 日本水路協会  


(3) GMTのnearneighborコマンドで各格子点に水深値を割り当てた。(図2-12手順1-2の一部)

%nearneighbor $1-I2.0m/1.0m-R132:00:00/135:00:00/37:00:00/40:00:00-G$2-S2m-N1-V

$1:入力テキストファイル(x y z)

-I2.0m/1.0m:x方向2分、y方向1分の間隔を指定。

-G$2:出力grdファイル(GMT用フォーマットのバイナリ形式)

-S2m:探索半径2分を指定

-N1:探索円を分割せず処理を実行するモードを指定。

注:

・ノンパラメトリック統計なので、最初にblockmedianで2分×1分メッシュ内の中央値を抜き出しておき、それからnearneighborで2分×1分格子点に半径2分の円内で重み付き平均値を割り当てている。

・nearneighborコマンドでは格子点からの距離で水深点データの重み付けをしている。

w(r)=1/(1+d^2)

where

d=3*r/search_radius, r=[distance from the node]

 

各モデル海域での結果を以下の図2-22〜図2-24に示す。

 

(4) GMTのsurfaceコマンドにより領域内全ての格子点について水深値を補間した。(図2-12手順1-2の一部)

%surface $1-I2.0m/1.0m-R132:00:00/135:00:00/37:00:00/40:00:00-T1.0-G$2-V

注:

・-Tオプションでtension=1を指定して計算した。

・surfaceの補間手法はBriggs(1974)の理論に基づいている。

 

各モデル海域での結果を以下の図2-25〜図2-27に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,068位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
10,103

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.海象等航海支援情報の電子海図等への統合化に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から