日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

マリーン・エンゼル 第65号

 事業名 小型船舶の安全確保
 団体名 中部小型船安全協会 注目度注目度5


鼎談

海洋レジャー

ENJOY & SAFETY 根本武二 山本康二 菅野瑞夫

 

はじめに

菅野 今日はお忙しい中をご出席いただきありがどうございます。

平成九年にプレジャーボート等の海難が漁船を抜き、平成十年も一位となっています。まさに憂慮すべき状況にあります。日本海難防止協会の広報誌「海と安全」の七月号をプレジャーボート海難防止特集号とすることとし、今日の鼎談(ていだん)を企画しました。テーマは「海洋レジャーENJOY & SAFETY」として、海洋レジャーの楽しさと安全問題に触れ、お二人の経験を基にしたお話しを伺いたいと思います。

 

海とのまじわり

菅野 お二人の持っておられるのは比較的小型のモーターボート、ヨットですので大型のプレジャーボートとは異なった視点からお話が聞けるものと期待しています。

初めに海とのかかわりをお聞かせください。

根本 私の海とのふれあいは、生まれたときからともいえます。父親が漁師でした。その関係でしょうか、私も小さいときから船が好きで、母親に言わせれば、私のお腹が減ったときにミルクをやるよりは、家が高台にあったので家から船をみせれば泣きやんだそうです(笑)。ですから船が好きというより海や船が体の一部になっているみたいです。

物心ついたときには、父につれられて船を動かしていたようです。その後漁船がほとんどですが、いろいろな種類の船に乗りました。

山本 私は反対に奥手でして、高校生のとき、横浜の新山下にあった貯木場に学連(ヨット学生連盟)のヨット基地があり、商船大学が開いていた講習会に東京の日本橋から三日間通いました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6,852位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
364

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.海洋レジャーを楽しく安全に(1)
2.海上安全指導員のしおり
3.安全運航のしおり
4.海洋レジャーを楽しく安全に(2)
5.マリーン・エンゼル 第64号
6.「点検で 生まれる安心 ゆとりの航海」ポスター
7.海難審判庁裁決録(平成11年度)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から