日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


●サービスの内容と質、選択肢に地域差がある

高齢者にとっての選択肢は、住んでいる地域で得られるサービスおよび自治体の予算規模によって制限されている。サービス料の徴収や資力調査の適用に地域差があり、どこに住むかによって受けられるサービス内容が異なってくる。サービスの内容とサービス料について、ある程度の全国的な一貫性が必要である。

 

●サービスの監査体制が不十分であり、苦情処理システムも複雑でわかりにくい

施設ケア、在宅ケアともに、提供されている質にレベルについての懸念がある。また、民間の施設ケアが供給過剰状態にあり、在宅ケアに比べて施設ケアのコストが割安になっている。また、施設ケアでのサービスの質についての懸念がある。苦情処理システムも個別化されていて複雑であり、どこに苦情を持ち込めばよいのかもわかりにくい

 

●介護者へのケアが十分ではなく、介護者だけで対応するには限界になっている

社会保障の一つとして介護者への手当が支給されるようになっているが、まだ十分ではない。介護者への全般的な支援が少なく、また介護者がついている場合には公的サービスが提供されない傾向もみられる。

これらの分析を通して、王立委員会は現在のシステムは国民の期待を裏切るものだとし、つぎのように結論づけている:

「現在の費用負担方式の改革が必要である。現在の方式では異なる目的をもったいくつものお金の流れがあり、高齢者が受けられるサービスは、高齢者が掌握できない複雑なメカニズムを通して決められている。高齢者は何を期待していいのかわからず、また公的支援の前提としてまず『貧しくなること』が要求される傾向があるため、これが高齢者が感じる絶望感の一因になっている」

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
166位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
80,350

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から