日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


●現在のシステムでは、貧しくなければ公的サービスが受けられない、国民の福祉システムへの信頼が薄れ、公的サービスに何を期待してよいかも明確ではない

福祉国家体制のもとに長く国民保険を払ってきたのに、その保険が必要になってみると無料のサービスは受けられず、まず自分の資産を処分することを求められる。そして資力がなくなった時点で初めて公的サービスが受けられる。高齢になったら各種サービスが無料で受けられるという約束を国がしたわけではないが、説明が十分なされないままにシステム全体が急速に変化してきたため、人々の間には国家との契約が反故にされたという感情があり、これが福祉システムへの不信感、無力感につながっている。

 

●在宅ケアよりも施設ケアを推進せざるを得ないシステムになっている

民間の施設(レストホームとナーシングホーム)に入居した場合、社会保障からの所得補助が支給される。一方、自治体で在宅ケアを可能にするためのケアパッケージを用意すると、利用料が徴収できるとはいえ、施設入居コストよりも割高になる。したがって、現在のシステムでは施設ケアが優先されやすく、本人にとってもっとも適したケアを確保することが難しく、本人の威厳と自立を犠牲にせざるを得ない状況になっている。本人のニーズをいかに満たすかに焦点を充てる必要がある。また、在宅ケアは増加傾向にはあるが、要介護度の最も大きい人々に偏っており、予防面に予算がまわらなくなっている

 

●高齢者が安心して任せられるシステムになっていない

上でみたような理由から、高齢者は介護が必要になったときにどうなるのか不安を抱いている。介護度の軽度な人へのサービスが十分ではないため、介護が必要になったときには病院か高齢者ホームしか選択肢が残されていないという状況が想定できる。これが現実だとすれば、現在のシステムが高齢者のニーズを満たす態勢になっているとはいい難い。個々の高齢者にとって最善の選択が可能になるように、時間的余裕が必要である。もし自宅生活への復帰の可能性が残されていれば、その道を常に用意できるシステムでなければならない。

 

●公共サービスのベストバリュー(最大効果)が達成されていない

現システムが施設ケアに偏っているため、対費用あるいは本人への最適ケアという面でも、公費の最大効果が達成されているとはいい難い。サービスの水準がまちまちだし、サービス供給主体も多様化して単位が小さくなり、質的に十分なサービスが購入できる保障がない。サービスコストと質の間の関係もはっきりしない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
166位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
80,350

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から