日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


2 社会保障の老齢年金制度

 

(1) 拠出制老齢年金制度

 

フランスで1945年に社会保障制度が成立した時には、すべての国民をカバーする唯一の制度を導入することが目的とされた。老齢保険は1970年代に全国民をカバーするようになったが、もう一つの目的であった唯一の制度の方は未だに達成されていない。今日でも保険加入者の職種によって加入する制度が異なるために、フランスでは老齢年金制度が26も存在し、制度によって老齢年金の支給方法は異なる。また年金は加入者が働いていた間に支払った拠出金をもとにして支払われるために、支払われる年金額も画一ではない。

 

1]老齢年金制度の種類

制度の多さに加えて老齢年金の財源機関の数はさらに多いために、フランスの老齢年金制度はモザイク構造をしているといわれるが、類似した制度をまとめて大きく分ければ3つに分類することができる。すなわち公務員のための制度、民間企業で働くサラリーマンのための制度、自由業など非給与生活者のための制度という分類である。

 

図表21:社会保障一般制度の拠出率(1999年)

023-1.gif

注:社会保障拠出上限所得額:14,470フラン/月(1999年)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
78,759

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から