日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


015-1.gif

退院したばかりの高齢者が自宅で生活するまでの間、あるいは高齢者を世話している人が不在の時や(旅行、週末など)、自宅での生活が難しい冬季などに、高齢者が一時的に入居できる施設である。1施設当たりのベッド数は15〜25に制限されている。一般の高齢者施設に付属している施設と、臨時入所専用の施設がある。また要介護者も受け入れる施設と、自立した高齢者のみを受ける施設とがある。

 

(3) 在宅維持に近い施設

 

◆家庭入所(accueil familial)

報酬を受け取って孤児を育てる里子制度と同じように、一般家庭が有料で高齢者をホームステイさせる里老人システムである。県議会議長の認可を得た家庭のみが高齢者を受け入れることができ、一家庭当たりの高齢者を受け入れる人数は2人までに制限され(例外として3人まで許可)、寝室の広さ(単身者は9m2以上、カップルは16m2以上)、滞在費の上限などに関する規則が定められている。この形態は長期間だけではなく、数日から数ヶ月の一時的な滞在が必要な時にも利用できる。

 

015-2.gif

数人の自立を失った高齢者が、家族のように共同生活をする住宅である。施設は、一般家庭が住む住居であるが(庭付きマンションなど)、内装は要介護者が生活しやすく、また介護ケアを行いやすいように改造されている。入所者には個室が与えられる。家には主婦役となる女性スタッフが交代で常駐するほか、介護を担当する看護婦も訪れる。

 

◆デイ・ケア・センター(accueil de jour)

昼間の間だけオープンしており、身体あるいは精神に障害がある高齢者を受け入れて、ケアやリハビリなどを行う施設である。高齢者施設に付属している場合が多い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
161位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
78,216

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から