日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


図8・21は前の図と同じような反射波強度の距離による減衰曲線がA、B、Cと三本引いてある。この三本の曲線から物標の性質を比較することができる。まず、AとBとは4乗域から8乗域への屈折点が同じ5海里であるから、この二つの物標は同じ高さをもち、Bの物標は、より強い反射波強度が受信されているので、BはAよりはるかに大きなレーダー断面積σをもった物標であることが分かる。このレーダーが図8・19のような高さ15mの空中線のものであるならば、同図よりA、Bとも高さ7m程度の物標であると考えられる。これに対してCの物標の8乗域への移行は20海里と遠いが、4乗域ではAと同じ反射波強度である。これは、AとCは同じレーダー断面積σを有する物標であるが、CはAに比して非常に背の高い、図8・18で見るならば高さが70mもあるような物標であることが分かる。こうして、レーダーで探知できる物標の距離、最大探知距離は物標の大きさ(正確にはレーダー断面積)とともにその物標の高さが大きな影響を持つことが分かる。

 

8・8・3 海面からの反射波の特性

海面が比較的滑らかであればレーダー電波は図8・11に示すように遠方(前方)へ向けて反射又は散乱(forward scatter)をするだけである。海面が波立っているときは、いろいろな反射又は散乱成分になり、海面からの反射波がレーダーの方向に戻ってくるような反射又は散乱成分(back scatter) が生じ、それらはレーダー受信機で受信されて、指示器上に表示される。このような反射波は海面上にある浮標などの小さな物標の探知をマスクする妨害を生ずることになり、海面反射妨害(sea clutter)と呼ばれている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
357位
(34,974成果物中)

成果物アクセス数
32,430

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月20日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験・検査編・中級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概論編・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
13.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
14.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト強電用)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト弱電用)
16.船舶電気装備資格者名簿
17.都井岬灯台資料展示室写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から