日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


このような海面における後方散乱波は、入射波と海面とのなす角が小さくなると、鏡面反射的な成分が増加し、後方散乱成分が減少するので、海面反射妨害の効果はレーダーからの距離とともに他の物標からの反射波よりも急速に減衰するという性質を持っている。図8・22はそれを定性的に示したもので、曲線A、B、Cは海面の状態によって海面反射妨害の大きさが異なる状況(A、B、Cの順に荒くなる)を示している。点線で示した曲線Dは浮標のような小物標で、曲線Bとの比較をみると、曲線DがBの上に出た部分では、レーダー受信機の利得を調整することによって、海面反射妨害に打ち勝って小物標の存在を探知することが可能であることになる。

 

207-1.gif

図8・22 海面反射波妨害と小物標からの反射波の距離特性

 

8・8・4 雨、霧などの影響

図8・14ではマイクロ波が水蒸気によって減衰を受けることを示したが、水蒸気が凝結してできた水滴があると、そこでレーダー電波はその一部が反射され、また、吸収されて減衰をする。水滴によるレーダー電波の反射からレーダーが雨域を表示し、その中にある小物標の反射波をマスクしてしまうこともよく知られている。ここでは実験データにより、レーダー電波の雨の中あるいは霧、雪などの中での減衰の効果について見てみよう。図8・23の中の実線はマイクロ波の雨による減衰の実測結果であり、図に示してあるとおり、16mm/hrの強雨から0.25mm/hrの霧雨までを四段階に分けて示してある。また、同じ図の破線は霧(又は雲)の中での減衰を視程別に三種類のデータとして示している。可視距離 400ft(約 120m)のよう霧中では、レーダーはその何百倍もの電波の到達距離を有することになる。

 

207-2.gif

図8・23 マイクロ波の雨(実線)及び霧(破線)による減衰

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
357位
(34,974成果物中)

成果物アクセス数
32,430

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月20日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験・検査編・中級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概論編・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
13.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
14.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト強電用)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト弱電用)
16.船舶電気装備資格者名簿
17.都井岬灯台資料展示室写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から