日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


何が原因するのでしょう

 

摂食障害になる人の特徴は次のようなものがみられます。

 

まず第1は、完全主義的な性格をもっていることです。実現不可能なほどの高い基準をもっていて、そこに到達するために必死で努力します。しかも、この基準は客観的なものではなく、あくまでも主観的なフィーリングですから、第三者の助言や評価には耳を貸そうとはしないという傾向があります。

第2には、このような基準で生活していると、自分をあるがままに受け人れたり、自分についてこれでよいという確信がもてなくなり、自己嫌悪にさえ陥ることがあります。自分に対して否定的な態度をとります。

第3は、自分はどのような人間(女性)になりたいのかという明確なアイデンティティーをもつことができず、そこに混乱が生じていることです。とくに外見については、ファッション雑誌やテレビなどの影響で自分の求める理想を重ねるのでしょうが、それは非現実的なもので、拒食でもしない限りそこまで到達するのはとうてい無理と思われるようなものです。

最後は、気分障害で、特にうつ状態であることが多いのです。家族の誰かもそうであることがあります。

過食症や拒食症は、いずれにしても異常な食欲を体験していることが多いようです。

 

食欲のコントロール

 

では、食欲のメカニズムはどうなっているのでしょうか。

 

食欲をコントロールするのは間脳にある摂取中枢と呼ばれるところです。幼年期よりバラエティーに富んだ食べ物が選べるような食環境に置かれていると、脳に摂食に関する適切な情報がインプットされ、成長してからもバランスのとれた食事がとれるようになるということがわかっています。ところが、現代の子どもたちを取り巻く食生活の混乱はそれだけでも摂食障害が生じやすい環境がつくられてしまっているといえるでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,059位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
956

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
3.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から