日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 小鹿野町の地域特性と在宅福祉サービス

・県西北部の山間地域に位置し、都市的土地利用が少なく、人口減少と高齢化の進んだ小規模都市の一つである。

・健康福祉施設は、町の中心地に集中立地している。町営病院をはじめ健康保健施設まで、行政主導で施設整備が進んでいる。福祉施設の運営も直営あるいは行政と強い連携関係にある社協と1社会福祉法人がその運営にあたっている。

・調査対象項目のうち10項目が実施されており、社会福祉法人への委託2項目、民間企業(域外)1項目のほか、7項目を直営で実施している。在宅福祉サービスも、施設サービス同様に直営を基本形態としている。

・民間企業の立地はないが、三つのボランティア団体が社協との連携サービスや施設ボランティアを実施している。

 

(1) 自然地理的特性

 

埼玉県西部の秩父地方に位置し、荒川上流域の支流である赤平川及び吉田川の流域を町域とし、標高が東から西(二子山、1,165m)へと高くなる地形となっている。町域は東西方向にやや長く面積は約100km2と大きいが、可住地は主に町役場のある東部の赤平川周辺地区に限られる。年間平均気温は13℃前後と、平野部にある大宮市、東松山市よりもやや低く、とくに冬季は寒冷な気候を示す。

地目別の土地利用をみると、「宅地」が2.4%、「田畑」が10.4%と極めて少なく、「山林・原野」、「その他」があわせて約87%と大半を占め、自然資源の豊かな山間地域である(前掲図表2-1参照)。

 

(2) 社会経済的特性

沿革:昭和30年4月に2町村の合併により小鹿野町が設置され、翌昭和31年3月に2村を合わせて現在の町域となった。

人口・世帯の推移:昭和30年に14,751人であった人口は、以後、減少傾向をたどり、平成7年には12,451人、約16%減となっている。しかし、世帯数は同じ期間に2,690世帯から3,576世帯へと約33%増加し、世帯規模は3.48人となっているが、これでも県平均や他の2モデル地区よりはなお大きい(前掲図表2-2、3参照)。

人口・世帯の構成:平成7年の年齢3区分の構成は、老年人口比率が県平均の2倍と高く、生産年齢人口比率が約10ポイント低いのが著しい特徴である。高齢夫婦、高齢単身世帯の割合も県平均の約2倍となっており、山村地域の例にもれず、高齢化が進んでいる(前掲図表2-4、5参照)。

昼夜間人口比率:99.3とほぼ均衡しており、就業・就学流動の少ない地域である。常住就業者の約7割が域内で就業しており、移出入率の高い大宮市、東松山市とは対照的である(前掲図表2-6参照)。

産業構造:公務を除く第3次部門就業比率が低く、製造・建設が主産業であり、農業従事者もなお7.7%を占める(平成7年国調)などの特徴を示す(前掲図表2-79参照)。

交通:町域外東側に秩父鉄道が通っているが、域内には鉄道はない。幹線道路としては、国道299号線が町を東西方向に横断して域外東方で国道140号線(荒川沿いに寄居方面・大滝方面と結ぶ)とクロスし、正丸峠越えで飯能方面と結んでいる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
683位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
14,752

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
4.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
5.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から