日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


したがって、見守り・安否確認システムの構築については、特に地域単位での取組が不可欠である。高齢者に潜在すると思われるニーズを整理するとともに、徘徊探知機器等の情報通信機器の開発動向を視野に入れた地域社会としての「見守り・安否確認システム」の構築を検討することが課題ではないかと思われる。

 

2 代替案の検討

(1) 代替案検討の視点

上述したように、見守り・安否確認システムは、その他の福祉サービスとはやや異なり、本人側のニーズよりも、家族や地域社会の本人に対する「おもんばかり」に基づいて形成されてきた側面が強い。いわば、社会の構成員に対して社会として当然用意すべき「セイフティ・ネット(安全網)」の一つといえよう。その意味からすれば、このシステムに関しては、地域における健康資源の創造と活用は、より一層重要な課題となる。

本節では、現在行政サービスとして実施されているいくつかの見守り・安否確認のシステムを、対象者の状況・行動を基準とした類型化の枠組みに対応させ、その上で、システムの部分機能に対する代替案や、システム全体の代替案の事例を検討する。

 

(2) 安否確認・見守りシステムの類型化

「見守り・安否確認サービスの代替・新規システム」を検討するためには、1]どのようなニーズがあるか、2]システムを構成する機能は何か、という点を押さえる必要がある。このような視点から、現在行政サービスとして実施されているサービス、及び自治体、住民団体、民間企業などで提案され、試行されている各種の新規システム(サービス)を位置付けると、図表5-5のとおりである。

ニーズのタイプとしては、在宅の独居老人の異常発見・通報と、徘徊型の痴呆老人の探知・発見・保護に大別される。前者の方がサービス対応では先行し、後者は近年ようやくクローズアップされてきたニーズである。

システムを構成する要素機能からみると、どちらのニーズに対応する場合にも「非常(異常)事態の発見・通報」、「通報受信・対応指示」、「現場(状況)確認・本人保護」の三つの機能ユニットが識別できる。

 

(3) 現行サービス(緊急通報システム)の改善案

現行の行政サービスとしてもっとも普及している緊急システムに限定して検討する。

 

ア 検討課題

検討課題の第1は、サービス対象者として「日中独居老人」(日中は同居家族が不在)まで含められるか、の検討である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
683位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
14,752

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
4.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
5.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から