日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


*市町村から委託を受けた事業者(オペレーションセンター)が、家族からの通報により、痴呆性高齢者が身に付けている小型の発信装置からの電波をキャッチし、GIS(地図情報システム:地理的位置や空間に関するデータを管理・分析するシステム)を活用して位置を特定し、徘徊経路をリアルに家族に伝えることができるシステム。

 

(2) モデル地区のサービス比較と問題点・課題

・モデル地区では、すべてが「福祉電話」を設置し、「緊急通報システム」が稼動している。大宮市と東松山市では「痴呆性老人徘徊感知機器」の給付等実施している。3地区が実施する配食サービスも安否確認を目的の一つとしている。

・東松山市では、「呆け老人をかかえる家族の会(埼玉支部)」と連携し、徘徊高齢者を対象とした徘徊探知・保護システム「徘徊高齢者等SOSネットワーク」に協力する。

・このほか、社協を拠点としたボランティアの「電話による一声訪問活動」や交番の巡査による「年末のひとり暮らしの高齢者宅見回り」などの実施が確認された。

・「福祉電話」の設置では、利用料金(基本料金と通話料金)に対する補助のあり方が異なるが、全額費用負担の見直しが検討課題となっている。

・「緊急通報システム」は、いずれの地区も緊急時の出動機能を担う消防本部が受信センターとなる「消防方式」を採用しているが、誤報が多く、また、高齢者の相談に応じられないことが問題視され、見直しを検討中である。

・行政サービスの対象要件外となる日中独居高齢者にも利用希望が広がりをみせている。

 

モデル地区における「見守り・安否確認システム(サービス)」として、図表5-1のような行政サービスが確認された。

いずれも国庫補助のある「福祉電話」の設置を実施しており、「緊急通報システム」を稼動しているほか、「痴呆性老人徘徊感知機器」については、大宮市が給付、東松山市が給付と貸与サービスに対応している。

なお、第3章1節で検討した3地区の配食サービスは対象者の安否確認をも兼ねたサービスであるため、ここに含めた。

図表5-1 モデル地区の見守り・安否確認システム(サービス)

058-1.gif

*月に2〜3回ボランティアが高齢単身者を(社協拠点)電話で安否確認。

**毎週火曜・金曜にボランティアが高齢単身者を(総合福祉センター拠点)電話で安否確認。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
702位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
15,628

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
4.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
5.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から