日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


また、例えば船型設計。数値水槽として始まったCFD:Computerized Fluid Dynamicsは、すでに性能選択のための比較には使える…との学会報告があり、従来は現図段階だった精密なフェアリングは、水槽実験モデルの多軸NC切削のプリプロセスとなってきている。いずれも船型数値化が基礎である。

計画線図と生産線図に精度差やタイミング差はあるとしても、やがては同一システムの連続作業となるであろう。

 

さて、将来の展望は総合化にあるとして、まずは数値現図の徹底である。現尺現図の範囲が僅かでも残っていれば、その撤廃である。

現図程度で、人手でしかできない所がある…など、コンピュータ化に不信を抱かせる事実はない。

 

なお、本書ではNC切断システムに詳しく立ち入っているが、数値現図の延長として、ここで説明するのが便利だったからである。

別冊『原寸型・定規』に紹介しているように、数値現図では、型作画/一品寸法図/マーキン寸法表など経営の実情に応じた出力が選べる。高額設備投資の必要なNC切断は、出力の一形態にすぎない。

 

7.3.3 人とシステム

これから造船現図を学ぶ人に伝えておきたいことがある。システムがまだまだ過渡期にあることである。

日本造船業の従業員は総じて高齢化しているが、造船設計業にCADのオペレータとして若人が増えてきているとの調査がある。

数値現図の作業者も、就業形態からはCADオペレーターである。

このCADオペレーターの将来を、どう見るか。

 

思い出してもらいたい。

コンピュータ化の初期、キーパンチャーと呼ぶ職能があった。英数字タイプライターを叩いて入力カードに穿孔する仕事である。職業生命は10年続いたであろうか。

また、ワープロ・オペレーターという職能が、ワープロの普及に伴って生まれ、今も残ってはいる。手書き原稿や切張り編集文書を清書する仕事であるが、この仕事、いつまで需要が続くであろうか。

コンピュータは更に増え、ワープロも一般常識になってきた。だのに時代の先端だった職業が無くなる。磨いた職能を持って行く場所がない。残酷な話である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
177位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
63,496

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から