日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


また、かつての自動設計を志向した船殻一貫システム"IHI-CS"の運用では、船殻基本図(キープラン)からのデータ受渡しはなく、またバッチ処理の制約から、まず標準設計手順で大型コンピュータを回し、落ちてきた部品データを製図基準に従って編集して、船殻詳細図(ヤードプラン)を作画出力していた。構造区画区分毎のパラメトリック・マクロがプログラムされていた…と理解してよい。

当時、構造設計パターンの確立していた巨大タンカー:VLCC/ULCC の設計建造には、このチンジャラ方式は、威力を発揮したものの、構造様式の異なる船種には、それぞれにシステムの事前組み替えが必要だった。

 

本書の事例とした現図システム"あじさいPC"では、[図5.2.8 数値現図システムフロー]で見たように、[セクションファイル]に上流CADデータを受け入れる構成となっている。

いずれにしても船殻CAD/CAMを成立たせるには、「設計」が、図示する以外の構造形状も作り出しておかねばならない。

 

7.3.2 現図システム概念の成熟

「はじめに」の章で現状までの発展について触れたように、いま造船のシステムは急速に総合化へ向かっている。

NCシステムを使い込むうちに、在来区分:設計/現図/マーキン/切断/仕分け…の各部分の最適化が、造船所全体の最適化に必ずしも結び付かない…と体験的にも判ってきたことであるが、特にCIM:コンピュータ統合生産の概念の浸透が大きい。

本書の説明で、よく"モデル"の言葉を使ってきたが、この用語の造船での普及の端緒は、CIMの検討において、統合システムの中核がPM:Product Modelとされたことによる。

CIMでは、造船設計の目的が、このPM:建造船のモデル…をコンピュータの中に構築することに絞り込まれた。設計図面は、そのモデルからの目的別出力形態の一つ…とされたのである。

ここにきて、前項で説明したCAD/CAMが明確になった。

 

もっとも、概念が確立したからといって、すぐさま事態が変わるものではない。地滑りのように少しづつ基盤がずれ、流動してゆく。

 

例えば、数値現図化のはじめから予想されたように、組織的にも作業形態においても現図機能と設計機能を分ける根拠は失われて久しいが、広く眺めてみれば、この融合は最近やっと加速されてきたようである。

別件で訪ねた造船所で、設計側から質問「NCグループは、これまで(10年ほど)ずっと現場所属できましたが、やはり設計に移した方が、いいものでしょうか」を受けた。ここにきて疑問が高まったのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
66,760

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から