日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


なにもコンピュータ化が、職業の陳腐化を招くわけではない。ほぼ半世紀前まで、造船設計にも設計技師と製図工がいた。青写真で焼き付ける図面は、クロス:布幕に烏口で墨入れペン書の必要があったからである。やがて図面はトレース用紙に鉛筆書となり、製図工は不要になった。

ここからがコンピュータ化と違う。製図工は並べて設計技師になっていった。設計技師の手伝いの間に、図面判断や計算法を学ぶことができたのである。

 

さて、現代のCADオペレーター、単に手書きの清書であったり、操作マニュアル通りにキーを叩くだけの手先の仕事であったら、それはワープロ・オペレーターとなんら変わりがない。そのうち設計者が自分で操作するようになるから、それまでのはかない繋ぎの役目である。

また、コンピュータ・システムは、よくブラックボックスに譬えられる。中身が見えないし、学んでも判らないとの諦めの表現であろう。これでは困る。

 

だから、システム操作の表面に止まってほしくない。なぜ、そうするのか、なぜ、こんな結果が出るのか、いつも本質を考えてもらいたい。追及して腑に落ちなければシステムを疑うとよい。それがシステム改善のフィードバックになる。

改善されないシステムなら、もう時代に合わないから、取り替えればよい。人がシステムに縛り付けられることはない。

すでに前章の「数値現図の互換性」で見たように、システムの出入口:I/Fをいじれば、システムは入れ替えられる。そのI/Fフォマットも、デファクトスタンダード化やISO化が進んでくる。本書で事例とした外板システム:P-SHELLは、もう他の親の数値現図システムに組み込まれて使われている。

コンピュータ時代になって、手仕事のように先輩の見よう見まねで習うことはできなくなった。その代わり考えることで技術を学び、発見するのである。

こうした姿勢の作業者から、時代を拓く技術者が育ってくる。

 

考えてみると造船現図とは、実に面白い仕事である。この半世紀を眺めてきて、現図のあり方は激変している。それでもなお造船現図の本質は変わらないと言い切れる。作画現図だろうと数値現図だろうと、現図は造船における生産技術の大本なのである。

この造船現図指導書シリーズは、その本質を学ぼうとする人のために書かれている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
174位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
67,447

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から