日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


*パート・コーディング

デジタル・モデルの生成は、最初は現在のパソコンのようなディスプレイ:画面表示を見て、リアルタイム: 実時間(待ち時間なし、ほぼ同時)に操作するものではなかった。

「図形処理言語」という英数字で綴る規約用語を使って、部材を決める条件を手順を追って並べた文「形状定義プログラム」を書き、それをパンチカードに穿孔してインプットし、バッチ: 一括(ためおき・まとめ)で処理された。その結果をプロッターに描かせて、初めて求めた部材の画像を目にすることができる。それで、これを「パート・プログラム」又は「パート・コーディング」と称した。

不便極まりないものであったが、それだけに手順や流用に工夫が重ねられ、標準化が進んだ。

物理的な個別の堅い標準ではなく、論理的な共通取扱い、例えばパラメトリック:寸法可変のような柔らかい標準である。別冊『原寸型・定規』の[図5.2.6 ソフト・トーBKT標準例]参照。これまでの作画現図では繰り返された同要領の作業が、同一プログラムでの連続自動処理に変わった。

 

ここで形状定義と使った「定義」という用語は、いかにも堅いが、コンピュータに分からせるため「明確に決めて区別する」の意味である。

 

*自動設計の試み

このパート・コーディングの運用は、ソフトウェアでの標準化が更に広範囲の自動化への道に続いているのを示唆した。

最初に典型的な船舶を対象として、船殻設計から現図展開までの要領を手順通りに連続させた図形処理言語プログラムに構成しておけば、後の同類の船舶では、異なるデータのみ入れ替えるだけで、半ば自動的にプログラムが走り、数値現図を作り出せる。つまり類型船のあることが前提の、パチンコ並み「チン・ジャラ方式」システム化である。

これを"船殻一貫システム"と称し、折から需要の高かった超巨大タンカー: VLCCで開発が試みられ、40万ステップ: 行のプログラムが組上げられて、実用に供された。

システムを使っているうちに、プログラムの不具合点: 「虫」もとれてくるし、改善点も積み上げられるから、有効性は増してくる。

ここまでくると、伝統的な現図工程が担ってきた設計補完の機能があらわになり、数値現図ならば[詳細設計=現図]という本質が見えてくる。このシステム運用を機に、製造部門に属した現図職を、設計部門に集約する造船所が広がってきた。

 

*CAD/CAMからCIMへ

やがてコンピュータが日進月歩し、画像自体を操作して、インタラクティブ: 対話形式で使えるようになると、専用的に固められた「コンピュータが設計する」おもむきの「一貫システム」は、船型・船種・設計方式など変更の都度のメンテナンスの煩わしさが欠点と感じられるようになり、「人が設計する」のを「コンピュータが支援する」かたちの柔らかな"CAD"が優勢となってくる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
66,056

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から