日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


現在も、その延長にあるが、反動からか、CADのDが、設計: デザインのDでなく、製図:ドラフティングのDに過ぎないところまで揺れ戻された感がある。

この段階にきて、「一貫システム」は"CAD/CAM"と捉え直されるが、ここでのCADと対にされる"CAM"とは、製造の自動化をコンピュータ技術で進めることを指している。

製造業では、まずNC加工を目的にコンピュータが導入されたことから、そのデータ作成段階を総称してCADとするのが一般化しているが、本書でいう数値現図の位置とは、CADとCAMの間に跨がってあるものと考えてよかろう。

製品: プロダクトに関わるのがCAD、工程: プロセスに関わるのがCAM。

事実、CAD側:部材形状計算(一品図段階)までを「一次現図」、CAM側:部材加工準備(ネスティング段階)を「二次現図」と区分することも行なわれている。

 

そして今、将来への方向としてCIM:コンピュータ統合生産が目指されている。

NCが部品のデジタル・モデルを倣うことで加工の自動化を実現したように、コンピュータの中に建造対象の船舶をモデルとして構築し、その参照において造船活動の総てをシステム化し、結び付ける。その概念の具現化が、現在大手造船業の描くCIMである。

西欧の中小造船所の中には、一足早く、その持てる技術者の全てを設計に集中して、モデル化:コンピュータ内での試作建造から取組んでいる所がある…と聞く。

 

もうすでに[NC=CAD]ではない。将来のCIMにおける船殻設計の構成は、改めて[図1.1.5 数値現図が基礎]に示すように、一貫化するはずである。

すでにNCを導入した所も、これから検討する所も、「現図場を完全にコンピュータに置き換える」視点から、基礎となる数値現図を眺めてほしい。不徹底な数値現図に止どまる限り、造船所のコンピュータ化に対する確信は、育ってこない。

 

なお、本書は説明を基本的な数値現図の範囲とするため、以上で触れた機能図や詳細図レベルのCAD上位システムとリンクしない、従来通りの設計「図面ありき」を前提としている。

 

009-1.gif

図1.1.5 数値現図が基礎

 

1.2 数値現図への移行準備とシステムの選択

この項は、これから数値現図の導入を検討される小規模造船所のガイダンスとして記すが、現在使用中のシステムを見直す所の参考ともなろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
66,281

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から