日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


1.1 現尺作画から数値処理へ

ここで造船における現図技術の近年の変化を追跡してみよう。

世界の造船量で、日本が首位に立った60年代、追い抜かれた英国で『女王陛下のためのゲッディス委員会報告』が、これからの造船産業のあり方を検討して出されている。その中で「コンピュータを応用せよ」が提言されていたのを覚えているが、今になって、その炯眼に敬服する。振り返ると、現図技術でも明確な意識ナシに、その路線の上を走っているからだ。

 

1.1.1 現尺現図の問題点

まずは伝統的な人手による現図技術に限って多面的に考察してみる。現図工程以降にも関連影響があるが、話が拡散するので、本書では触れない。

 

*幾何精度

寸法や形状の誤差である。

現図床は、おおむね上屋階にあり、鉄骨造の木板張りである。床面は季節や日中の気温変動に応じて伸縮している。

基準になる長い直線は、鋼線を強く張って、その線からの下げ振りにて位置出しするが、作業は面倒で「当り付け」誤差が伴う。直角出しも可能な限りの半径でコンパスを振って求めるが、これまた半径長の引っ張り加減で誤差を生じる。

墨差でバッテンに沿ってなぞる線は、墨差を当てる側に偏りがちである。

このように、位置が振れて床に描いた線には、線自身の太さ=線幅があり、したがって斜めの交線には、交差幅が出てくる。[図1.1.1 線の交線の誤差]に見るハッチング範囲が誤差幅となる。

これらの作画誤差は、作図を読取り、写し、移動する度に重畳してゆく。作図手順のもつ物理的な精度限界である。

コンピュータによる数値現図では、論理的に、線には太さがなく、交点には範囲がなく、誤差は数字の有効桁数処理にて制御可能となる。

 

004-1.gif

図1.1.1 線の交線の誤差

 

*作業性

従事する人の条件である。

屋内作業ではあるが、蹲踞(しゃがんだ)姿勢となり、楽ではない。洋式の机椅子生活に慣れてくると、苦痛となってくる。

描かれた現図の位置は特定され、作業の集中や干渉が生じやすい。短納期対応の造船では、制約となる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
66,281

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から