日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


1. はじめに

 

コンピュータ現図システムのことを、ここでは簡単に「数値現図」とよぶ。

コンピュータ以前は現図床上に原寸で「現図」を描き、作画によって原寸形状を求めていたものを、すべてコンピュータの中で数値で行なうようにしたからで、実船の動的性能を模型船の水槽試験によらずコンピュータでのシミュレーションで求めるのを「数値水槽」と端的に捉えるが、その呼称に倣ったものである。

文書での初出は、日本造船学会'84刊『造船におけるシステム技術』に同名の1章があり、主として現図数値展開が紹介されている。

 

造船においては、ここでいう数値現図が普及しはじめて、すでに1/4世紀を超えるが、まだ世にあるのは、個別システムの特定された表面的な機能説明か、実用手順の操作マニュアルに類するものばかりで、その基本となる原理や原則を体系的に説明したものが見当たらない。

これまでの作画現図に通暁して、それから数値現図に取組む人達にとっては、現図の本質が変わるわけではないから、「どのようにやるか」の"ノーハウ: Know how"だけでも、まず差し当たりは事足りた。だが、作画現図は見よう見まねの程度や、初めから数値現図に入る人達にとって、これらの個別マニュアルだけでは、全く中身の想像がつかないブラックボックスでしかなく、仕事の興味が湧く勉強の誘い水になりようがないので、不満足であったに違いない。

 

数値現図以前の大学・造船学科では現図技術に対応する「造船幾何」の科目があったが、いつしか消滅しており、すでに概要すら教えられなくなっている。

そこで本書では、「なぜ、そうするのか」の"ノーファイ:Know why"に力点をおいて、述べてみることにする。

 

また、コンピュータ・システムは、まだまだ発展の途上にある。システムの不備や限界は、常時引き続き克服されてゆかねばならない。そのため、すでに数値現図に慣れた人達にとっても、これまで何の意識もなく操作していた意味、インプットの必要性が理解され、システム改善フィードバックへの目が開かれるよう、本書が役立つのを期待する。

 

なお、はじめに当って、造船現図指導書シリーズの1冊となる本書の説明は、既刊の同『現図展開』『原寸型・定規』の知識を、一応の前提としていることを断っておく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
176位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
64,424

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から