日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


これは、昭和46年に廃線となった旧国鉄世知原線の線路跡地を自転車・歩行者専用道にしたものだ。ここでなら、存分にサイクリングを楽しむことができる。

−松浦鉄道の車両で自転車持ち込みを行い、地元でサイクリング大会などを開けば町起こしにつながるのでは。

尼崎 その可能性は大いにある。当町は豊かな自然や史跡・文化財に恵まれ、観光資源も豊富。なかでも最もユニークなのは、町内の佐々川沿いの岩場に分布する「ポットホール」という独特の地形だ。

ポットホールは、川床の岩盤などにできる円筒状の穴。川の水流により、長い年月をかけて自然に形成される珍しい地形だ。これを利用し、平成3年には河川公園として「ポットホール公園」をオープンさせた。

−ポットホール公園などの観光資源は町外からの観光客を呼び寄せる要因となり、ひいては自転車による観光の促進にもつながりそうだが。

尼崎 その通りだ。町の観光資源はポットホール公園のほか、国指定史跡の福井洞窟、天然記念物のシダ群落、「スポーツと花と緑の公園」など数多くある。今後、こうした資源を生かして多彩なイベントを開催したいと考えている。

また、吉井町は隣接する佐世保市のベッドタウンとして、今後の発展が期待できる。平成16年には佐世保市から吉井町に抜ける新トンネルが完成し、交通の便が一層よくなるので、佐世保市などからの転入者が大幅に増える見通しだ。

−人口の増加に伴い環境問題の発生も懸念される。

尼崎 その点については、行政と町民が一体となって万全の対策を講じる。町としては合併処理浄化槽の普及を一層推進することによって、貴重な水源である佐々川の水質保全を図りたい。また、吉井町民の任意団体である「環境を考える会」が昨年6月に発足し、ごみの減量、再資源化などに取り組んでいる。このような活動によって、町としての発展と環境保全をバランスさせた豊かなコミュニティーづくりを進めたいと考えている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
387位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
27,583

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から