日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


(2) 稲葉貞二・岐阜県養老町長(近鉄養老線)

鉄道利用の促進策はスピードアップと運行本数の拡大

 

076-1.gif

−養老町の特徴および概要について、教えていただきたい。

稲葉 岐阜県の西濃地方にあり、ご覧の通りの田園風景の広がる稲作地帯。背後には養老山系が連なり、清らかな水と豊かな緑に恵まれた風光明媚なところだ。養老山系一帯は、揖斐関ヶ原養老国定公園や東海自然歩道に指定され、中でも「養老の滝」は歴史的名勝の地として全国的に知られている。

養老町は昭和29年11月、いまの町役場がある高田町など1町9村が合併し発足した。広さは72・14平方キロメートル、人口は3万4674人(平成11年11月1日現在)。

産業は、豊かな自然をバックにしての農業が主力で、大きな事業所はスポーツ用品メーカーのミズノの養老工場があるくらい。一方、養老の滝のある養老公園をはじめ、自然を生かした観光資源には恵まれており、休日には大垣、岐阜、そして名古屋方面からも訪れる人がかなりいる。

−交通事情および鉄道の役割について、どのように考えているか。

稲葉 鉄道は近鉄・養老線があるだけで、その他の公共交通機関は民間会社のバスがあるが、運行本数が減少している。このため、町では4系統の無料巡回バスを午前、午後に1往復づつ運行しているが、利用者は多いとはいえない状況が続いている。

公共交通機関はマイカーの普及に押され、経営的に苦しくなっているので、運行本数を減らす。そうなると、さらに不便になるので、利用者の減少に拍車がかかる、といった悪循環が繰り返されている。

養老線も、私が子供のころは四日市(三重県)の工業製品を敦賀(福井県)まで運ぶ貨物列車が走っていたが、いまは旅客車だけで通勤・通学の足になっている。定時性・確実性は、バスやマイカーに比べ抜群で、朝夕の通勤・通学には必要不可欠の乗り物。ただ、日中は見ての通りガラガラなので、この面での対策は近鉄にとっても地域にとっても重要な課題だ。他方、鉄路が町を分断しているという、マイナス面もある。踏切改良工事によって立体交差にするように働きかけており、1日も早く実現していただきたい。

−養老線は、大垣-下深谷間と区間を限定し、土曜・休日および春、夏休み期間にサイクルトレインを運行している。

稲葉 アイデアとしてはいい発想だといえるし、通勤・通学のラッシュ時間帯から外れているので、まあ良いことだと思う。しかし、地域や乗客のニーズに合致しているかといえば、必ずしもそう言い切れないような気もする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
26,778

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から