日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究」報告書

 事業名 宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


2. 宮崎県における国際物流効率化に向けた課題

 

(1)宮崎県における国際物流効率化の方向性

課題の整理にあたり、宮崎県における国際物流効率化の方向性を整理する。

 

1]宮崎県を中心とする港湾周辺地域で生産・消費される貨物の細島港利用の促進

細島港の輸出入コンテナ取扱量は着実に増加しているものの、1998年10月に実施された「全国輸出入コンテナ貨物流動調査」においては、宮崎県で生産される輸出コンテナ貨物の13.2%、消費される輸入コンテナ貨物の20.8%を取り扱っているに過ぎない。こうしたことから、県内で生産・消費される輸出入コンテナ貨物の細島港での取扱比率を高めていくことが必要である。さらに、県外も含めた南九州各地においても、細島港利用によりコスト削減などのメリットが図られる荷主に対して利用拡大を図ることが望まれる。

 

2]輸出入コンテナ貨物に関連した国際物流機能の強化

細島港の利用を促進する際には、一層の航路網の充実が望ましいことに加え、小口混載貨物の取扱いなども含め、国際物流機能をさらに強化していくことが求められる。

 

(2)宮崎県における国際物流効率化に向けた課題

(1)を踏まえ、宮崎県における海上輸送網を活用した物流効率化に向けた課題を整理する。

 

1]外航コンテナ定期航路の拡充

現在、細島港に開設されている外航コンテナ定期航路は、韓国・台湾のみが海外の寄港地となっていることから、両国以外との輸出入においてはトランシップが必要となっている。リードタイムの短縮や輸送コスト削減のためには、直行航路の開設が望ましいことから、既存航路の延航や新規航路の開設により、東南アジアや中国などとの直行サービスを提供していくことが望ましい。

また、船型を大型化し、1航海あたりの輸送量が多くなるほど単位あたりの海上輸送コストは削減されるため、現在進められている大型船対応バース整備に合わせ、より大型の船舶の投入を促進していくことが求められる。

 

2]港湾物流機能の強化

 地場中小貿易業者の場合、輸出入貨物のロットが小さいことから、細島港の利用を促進するためには、LCLカーゴ(1コンテナに満たない小口混載貨物)の取扱いサービスを提供していくことが求められる。また、輸出入にかかる事務処理を効率化に関して、通関等の事務を行うSea-NACCSは1999年10月のシステム更新に伴い、すべての税関(支所・出張所含む)で対応が可能となっており、今後は港湾EDIなどとの連携を強化し、輸出入に関連する各種手続の効率化・迅速化を図っていくことが望まれる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,417位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
6,799

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究」 中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から