日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

新海洋法の展開と海上保安 第3号

 事業名 海洋法条約秩序における新海上保安法制の体系化等調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


釈放後の手続きからみたボンド

慶應義塾大学教授  安冨 潔

 

 1 はじめに

 

1994年11月に発効した「海洋法に関する国際連合条約」(以下、国連海洋法条約)という。)は、わが国において、1996年7月20日に効力を生じることとなったが、これに伴い、関係国内法が整備された。

国連海洋法条約では、領海・排他的経済水域において、沿岸国は、国内法令の遵守を確保するために乗船、検査、拿捕などの必要な措置をとることができるとともに、漁業活動及び海洋汚染活動について、それぞれ拿捕された船舶及びその乗組員について、供託金の支払い又は合理的な他の保証の提供の後に速やかに釈放することを沿岸国に義務付けている1

この国連海洋法条約の規定を受けて、国内関連法規の整備に伴い、担保金の提供による早期釈放制度(以下、「ボンド制度」という。)を、外国人による漁業活動について「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使などに関する法律」(平成8年法律第76号、以下、「EZ漁業法」という。)、及び船舶起因の汚染について「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」(昭和45年法律第136号。以下、「海洋汚染防止法」という。)を改正して、それぞれあらたに設けている。

1 国連海洋法条約では、漁業活動に関して、領海における無害通航との関連での旗国と沿岸国との調整を図り(17条・19条第2項(i))、沿岸国の法令制定権を認め(21条第1項(e))、執行措置について制定された法令に基づく行使を許容しつつ(ただし、無害通航との関係では沿岸国の保護権として25条による措置がとり得るにとどまる)、排他的経済水域においては、沿岸国としての管轄権及び天然資源の探査・開発・保存及び管理のための主権的権利を認め(56条)、そのための執行措置として必要な措置を採りうることとして(73条第1項)、「拿捕された船舶及びその乗組員は、妥当な供託金の支払又は他の保証の提供の後に速やかに釈放される」と規定する(73条第2項)。

また、海洋環境の保護と保全についても、各国の一般的な義務を定め(192・194条)、船舶起因汚染に関する執行措置について、旗国管轄を原則としながら、外国船舶に対する執行措置について、沿岸国と入港国の介入する場合を拡大しつつ(220条1項・2項、218条1項)、旗国管轄との調整のために、「調査により海洋環境の保護及び保全のための適用のある法令又は国際的な規則及び基準の違反が明らかにされた場合には、合理的な手続(例えば、供託金その他の適当な金銭上の保証)に従うことを条件として速やかに釈放しなければならない」(226条第1項(b))として担保金等の提供による早期釈放という保障措置が設けられている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
217位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
50,165

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.「海洋法条約秩序における新海上保安法制の体系化等調査研究」の報告書
2.先進諸国海上保安体制調査(フランス・イタリア)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から